古坂大魔王こと古坂和仁さんについて

世界中で今大人気の動画『PPAP』。みなさんも何度かテレビを拝見されている方は見た事があるのではと思います。この動画を配信したピコ太郎ってどんな人なの?って気になっている方多いと思います。
そこで今回筆者がこのピコ太郎さんにまつわるお話をしたいと思います。

まず、このピコ太郎さん、元々ボキャブラ天国でコンビで活躍されていた底ぬけAIR-LINEというグループの方で、本名は古坂和仁さんという方です。現在はピンで活動しており、古坂大魔王という芸名でやっております。

その当時は今テレビで引っ張りだこのくりぃむしちゅーやネプチューンなどといった方々と一緒の世代の方です。この動画で一気にブレイクを果たしました。ピコ太郎さんのコスプレなんかも人気ですね。

この古坂大魔王さんにまつわる話でいうと、一昔前「マネーの虎」という番組がやっていたのを知っている方はたくさんいらっしゃるかと思います。そこで古坂大魔王さんが虎たちに外国でバンド活動するための費用を出して欲しいと番組に出演されておりました。その時古坂大魔王さんは世界を驚かせたいと仰っておりました。

その何十年後かに今こうして世界の方々を楽しませ、誰もが簡単に口づさめるメロディーで世間を席巻させております。

本人曰くこれがなんでブレイクしたのかもわからないと言っています。そしてついにギネス記録まで樹立してしまいました。いつどこでチャンスが巡ってくるかわからないなと筆者は思いました。諦めなければ夢は叶うとどこかで聞いた事のあるフレーズですが、今回古坂大魔王さんがピコ太郎という名でブレイクしたのも、運にもよりますが決して諦めないで前を向いて活動していたからなのではと思います。

アフラックから個人情報流出

さっきパソコンを開いてヤフーのトピックスを何気なく見ていたら「アフラック」という文字が目に入ったので何事かと思いそのページを開いてみたのですが…開いてみたらビックリ。
1万2902件の保険契約者たちの情報が代理店から流出してしまったとか。
しかも最悪なことにまだその話には続きがあって、その保険契約者たちの情報が名簿販売業者に売却された可能性が高いんだそうです。
流出してしまった保険契約者たちの情報は具体的に契約者名や住所、電話番号などらしいです…もう滅茶苦茶個人情報ですよね。
今のところ不正利用されたというのはないみたいですが…一応私もアフラックの保険に加入している者の一人なのでこんなニュースを見ると怖くてしょうがないんですけど。
情報が流出してしまった1万2902件の中に私のデータや家族のデータ「ない」とは限らないですからね。
とりあえず不審な人物や郵便物、電話などに気をつけようと思います。

ニュージーランドに滞在する

ニュージーランドにステイ(滞在)するには、どんな手段があるのでしょうか。

真っ先に思い浮かぶのは、ホテル、ホームステイ、アパートメント・・・

これらもポイントを押さえて選べばすばらしい滞在先になるでしょう。ほかにも、モーテルやロッジ、一軒家といった選択肢があります。

モーテルとロッジ、ホテルってどう違うの?って思いますよね。モーテルは映画でよく出てきますが、道路沿いの安宿のようなものを一般的に指します。

比較的安価で利用でき、幹線道路沿いにあるので交通の便もいいです。車を持っているなら一つの選択肢になりますね。

ロッジっていうのは、ニュージーランド特有に近いパターンです。施設や温泉が充実した比較的豪華な宿泊施設です。余裕があればぜひ利用してみたいですね。

アパートを借りることもできます。滞在先が欧米だとこちらは一般的ですね。家具やキッチンなど生活に必要な施設が整っているので、生活する、ということを考えた場合には最優先候補になります。費用や施設の充実度は様々です。

B&Bというのもあります。聞き慣れないのですが、ホームステイに近いかもしれません。

家の一室あるいは一部分をお客用として使わせてくれるパターンです。ホームステイのようなものがしたい、家庭とふれあってみたいという方にはおすすめです。

ブルーレイディスクが見れない方へ。IO-dataとCorel WinDVD

ブルーレイで映画を見てみたいなと思って、最近ブルーレイドライブを買ってみました。

買い込みもできるタイプでも8千円くらいと大分安くなってますね。2、3年くらい前まではdvdドライブでも1万円以上した気がします。
ちなみに外付けです。

ちなみに、私のノートパソコンにはブルーレイどころかDVDドライブすらありません。

最近のはやりなのかウルトラブックという超薄いラップトップがあります。スリープモードから瞬時に立ち上がるのが特徴のようで、なかなか使い勝手がいいです。その分、普通のノートにはあるものが色々なかったりもするのですが、まあそれはおいておきましょう。

専用のドライブを買って、ブルーレイの映画を3枚くらい借りてきて、さあ見よう!

・・・

見れません。

3枚試してもだめです。

色々調べたところ、ディスプレイとケーブルがまずブルーレイに対応していないとだめなんだそうです!

正確には、従来はpcとモニターのケーブルは端子が青いやつが一般的ですが、最近のはもうちょっと薄いものがあります。HDMI形式とかいうものらしいです。他にもありましたが、我が家ではこの形式のケーブルと、対応モニターが幸いにもあったので接続してみました。

・・・

写りません。

もしやと思い、ブルーレイ用のソフトを付属CDからインストール。

・・・

見れない。

ソフトが古いのかなと思って、ソフトのメーカーのHPを検索して型番のページを探す→ドライバを新しいものをダウンロードしてインストールしたら見れました。

なかなかハードルが高いですね。

一度分かってしまえばどうってことはないんですが、ブルーレイドライブを買っても、ここまでハードルがいくつかあると、見れない人も多いんじゃないでしょうか。

ちなみに私が買ったドライブは「IO data(アイオーデータ)」のやつです。付属ソフトは「Corel WinDVD」でした。

美容室は人それぞれ。目白の美容室なら

美容院というのはよく考えると私たちの習慣になっています。たいていの人は、必ず1月~2月に一度くらいの感覚で切りに生きますよね。
そんな美容室について知り合いと話していると、結構パターンが分かれることに気がつきます。

髪型でいえば、毎回同じセットにしてもらう人、毎回変える人。誰が決めるのか・・・自分で雑誌を指さして決めるのか、美容師さんにお任せするか。

大きな違いは、どこの美容室を選ぶか。どのスタイリストさんにするか。それをどれくれい念入りに調べるか。

これは人によってばらばらですね。特に違いが大きいなと感じたのは、男性と女性の違い。男の場合は、あまり決めずにヘアサロンに赴いて、美容師さんと話しながら決めちゃう人が多い気がします。

女性の場合は全然違って、特に初めていく美容室の場合は、口コミをみたり、スタイリストさんのブログを見て人柄を調べてから・・・なんていう人もちらほらみかけました。

すべて私の周りでは、ということなんですけどね。

ちなみに私は表参道か代官山に切りにいくことが多いのですが、知り合いが住んでる目白の美容室にも飛び込みできってもらったことがあります。お店の雰囲気がやりすぎない適度なおしゃれ感がどこかヨーロッパを思わせるところでよかったです。

目白の美容院のおすすめ
Google+も発見